シーサイドアベニュー 作家/アーティストの紹介




NEW 「シーサイドアベニュー」レポーター

女優 友寄 蓮

2010年頃からタレント活動を開始するも、2011年、高校2年生の秋に急性リンパ性白血病に侵され、約1年4カ月にわたる闘病生活を経験。

2013年、タレント活動を再開するにあたりオフィス彩に入所。

2014年、バラエティ番組『アイドルの穴?日テレジェニックを探せ!?』に出演し、同年6月14日、準日テレジェニック2014に選ばれる。

2015年、オフィス彩を退所、以後フリーとして活躍。また自らの闘病経験を活かし、病院内で療養中の子供達に遊びの時間を提供するボランティア活動にも従事している。

2017年4月、全日本大学サッカー連盟公式マネージャー「JUFA GIRL」第6期生(JG 2017)に就任。

2018年8月、こがねい浴衣美人コンテスト グランプリ

テレビ
「アイドルの穴?日テレジェニックを探せ!?」(2014年4月5日 - 6月21日、日本テレビ)
「MOZU〜百舌の叫ぶ夜〜」(2014年5月、TBSテレビ)室井凛役
「応援美女子!」ドラマコーナー「がんばれ!タカハシ」(2015年2月、千葉テレビ)高橋役 ※主演
「マジすか学園4」第8話(2015年3月16日、日本テレビ)矢場久根総長役
「生きるを伝える 未来を切り開くために モデル・タレント「友寄蓮さん」」[6](2016年10月15日、テレビ東京)


NEW 「シーサイドアベニュー」アーティスト

シンギングリン公認セラピスト・公認パフォーマー

井川輝江

日本女子大学卒業。10年以上太極拳を学び、太極拳の大会やフェスティバルなどにも参加する。2015年には本場中国での大会にも出場する。

その太極拳などで筋肉への負担に対して、アロマのブレンドオイルで緩和されると知ったことがきっかけとなり自然療法に興味を持つ。2011年(公社)日本アロマ環境協会認定のアロマテラピーインストラクター/アロマセラピストを取得する。また2013年色彩心理を活用して心と体のバランスを整えるTCカラーセラピストを取得する。

現在、アロマテラピーインストラクター/アロマセラピストとTCカラーセラピストとして活躍する。

 




「旅と映画と音楽と」   *番組と連動した解説ブログは←コチラ

映像企画&宣伝プロデューサー:川崎なをや(直也)

映画コンシェルジュ(案内人)。日本アカデミー賞協会員。各映画会社の宣伝部にて映画宣伝プロデューサーを歴任。

松竹映像宣伝部(『魚影の群れ(83)』『哀しい気分でジョーク(85)』『男はつらいよ/夜霧にむせぶ寅次郎(84)』『男はつらいよ/寅次郎真実一路(84)』『男はつらいよ/寅次郎恋愛塾(85)』ほか男はつらいよ各シリーズ作品。『必殺!V 裏か表か(86)』『機動戦士ガンダム/逆襲のシャア(88)』『超人ロック〜魔女の世紀(84)』『クラッシャージョウ(83)』ほかアニメ各作品)

東映ビデオ宣伝部(オリジナルビデオ『世良公則主演/クライムハンター(90)』シリーズほか)
東宝アド宣伝部(ワーナー映画/タッチストーン作品宣伝『グッドモーニング・ベトナム(88)』『ロジャー・ラビット(88)』『張り込み(88)』ほか) TV・ビデオ番組の企画プロデユース
TV朝日『驚きももの木20世紀〜妖精オードリーの謎(93)』 NHK・BS『国連難民高等弁務官・緒方貞子(94)』 DVD『坂本龍馬の生涯(上川隆也ナレーション)(10)』ほか

【著作】
『ビデオDE大発見(共著・実業之日本社)』『予言(共著・心交社)』
『ビデオプロデューサーの仕事(井出情児著/代筆&編集・ダイヤモンド社)』

【執筆】
週刊読売「ビデオ・映画紹介欄」(92〜94)日本経済新聞「日曜版・TVと遊ぼう」コラム(92〜93)ほか東京中日新聞、ニューリリース(ビデオ業界誌)ロードショーなど各媒体で映画紹介欄を執筆
淀川長治「横浜映画友の会」・元代表幹事

【連絡先】 kawa1184@hotmail.co.jp



「シーサイドアベニュー」代表 (企画・制作・提供)

音風景作家 サウンド空間デザイナー (鎌倉音響代表):庵谷文博(イタニフミヒロ)

1987年、TOTO「聖なる剣」でグラミー賞を受賞したレコーディングエンジニアであるグレッグ・ラダニー氏のセミナーを受講し、音響の世界に入る。1989年、元プロサウンド誌編集長の森田隆文氏の主催する英国アビーロードスタジオ(ビートルズで有名)、リアルワールド(音楽業界に革新的な発想を与えたピーター・ガブリエルのスタジオ)などのレコーディングとPAの視察研修を終え、後に同氏の開発したDCS(THXの仕組みをさらにデジタル制御できる)に参加。

1991年、大阪有線企画楽曲コンテストで全国リクエスト15位になったことから音楽制作事務所を設立。CMソング、MA、ラジオ番組などの制作とイベントの音響を営む。

1995年、映像付きインカムシステムの発明などマルチメディアの開発に携わる。

1997年、故郷の町長から相談を受け、ベッセルおおち大ホールにDCSを導入。その施設が世界最高峰であることからルーカスフィルムのアカデミー音響編集賞、録音賞受賞者、視覚効果賞受賞者(ILM)が来日。若い人へ向けて「サマースクール」と題し映画の作り方セミナーを1997年〜1999年までの夏に開催し、そのスタッフとしてオペレーションを担当。

2016年、鎌倉に拠点を置き、アンビソニックスの録音などオンリーワンの音場を制作。

2018年2月には、草月会館にて音のインスタレーションを行い音楽業界の重鎮から評価を得る。2018年4月より鎌倉FMにて番組「シーサイドアベニュー」をオンエアしている。

【音響】
高橋孝 ・森 正明・長間たかを・木乃下真市・踊正太郎・喜納啓子・ささきいさお・森圭一郎・庄野真代・D-51・日浦孝則・東原力哉・都筑章浩SON四朗・KANA・ソノダバンド・石川早苗・ワイキス・西慎嗣 ・LOVE NOTES・上松美香・Kiichi・加藤登紀子・総務省:ICT未来フェスタinかがわ4会場ライブ中継・サンポート〜NYライブ2006 他。

【音風景】 湘南の音日記 日本の音風景 Sounds of Nature Shikoku Island Japan
【ライブレコーディング】 収録 DEEN (2017)
【社会貢献】NPO法人SONAEーNET主宰副理事 2007年内閣府、目を見張る団体として掲載され、全国の地自治体で防災と防犯を一体とする対策を企画、指導。DVD「How to SASUMATA」を企画、制作、技術開発、指導監修。ポリスチャンネルより紹介される。

【連絡先】TEL 0467-95-3540    info@seaside-avenue.net




芸術家


チャレンジとくしま芸術祭2017 ★ グランプリ ★

現在は日本の四国地方をベースとする。

90年代より、フランス、タイ、ラオス、韓国、アメリカなど数々の国にて制作を行ってきた。

ひとつの決まったジャンル、技法にこだわらず、絵画、彫刻からパフォーマンスや大がかりなインスタレーションにまで、作品のスタイルは多岐にわたる。

近年の作品では、観客と無視されがちな現実とを対面させることに焦点をあてている。多くの人々が本質を考えずに快適さや贅沢を選ぶなか、誰もが共有するものごとの二面性、もしくは矛盾性へと目を向けさせる。

人間をテーマとした作品は、ときには楽しく、ときには不快であり、素材の選択、対話式の構成要素、特定の展示場所によっても表現される。






(C)2018 Seaside Avenue allright reserved