info@seaside-avenue.net
 


Seaside-Avenue 作家の紹介

「旅と映画と音楽と」   *番組と連動した解説ブログは←コチラ

川崎なをや(直也)

映像企画&宣伝プロデューサー。映画コンシェルジュ(案内人)。日本アカデミー賞協会員。各映画会社の宣伝部にて映画宣伝プロデューサーを歴任。

松竹映像宣伝部(『魚影の群れ(83)』『哀しい気分でジョーク(85)』『男はつらいよ/夜霧にむせぶ寅次郎(84)』『男はつらいよ/寅次郎真実一路(84)』『男はつらいよ/寅次郎恋愛塾(85)』ほか男はつらいよ各シリーズ作品。『必殺!V 裏か表か(86)』『機動戦士ガンダム/逆襲のシャア(88)』『超人ロック〜魔女の世紀(84)』『クラッシャージョウ(83)』ほかアニメ各作品)

東映ビデオ宣伝部(オリジナルビデオ『世良公則主演/クライムハンター(90)』シリーズほか)
東宝アド宣伝部(ワーナー映画/タッチストーン作品宣伝『グッドモーニング・ベトナム(88)』『ロジャー・ラビット(88)』『張り込み(88)』ほか) TV・ビデオ番組の企画プロデユース
TV朝日『驚きももの木20世紀〜妖精オードリーの謎(93)』 NHK・BS『国連難民高等弁務官・緒方貞子(94)』 DVD『坂本龍馬の生涯(上川隆也ナレーション)(10)』ほか

【著作】
『ビデオDE大発見(共著・実業之日本社)』『予言(共著・心交社)』
『ビデオプロデューサーの仕事(井出情児著/代筆&編集・ダイヤモンド社)』

【執筆】
週刊読売「ビデオ・映画紹介欄」(92〜94)日本経済新聞「日曜版・TVと遊ぼう」コラム(92〜93)ほか東京中日新聞、ニューリリース(ビデオ業界誌)ロードショーなど各媒体で映画紹介欄を執筆
淀川長治「横浜映画友の会」・元代表幹事

【連絡先】 kawa1184@hotmail.co.jp


緑寿(えんじゅ) 本名 斎藤 裕子

劇団ひまわりに入団し、18期研究科卒業後、公演部にて準劇団員として全国講演「小さい魔女」(主役)などで活躍。1988年劇団ひまわり退団後、劇団影法師の国際交流基金公演で、中国5都市、アセアン5カ国で“シルエットマイム”などを通してアジアの子どもたちと交流。同時に日本魔術団の伝統芸能“水芸(和妻)”のアシスタントやネタっことしても舞台に立つ。その後、劇団翔の会の劇団員などを経て、2000年東京キネマ倶楽部の弁士オーディションに合格。
2001年リリアン・ギッシュ主演「散り行く花」で弁士デビュー。2002年春、女性弁士の草分け的存在の澤登翠に弟子入り。2017年秋、フリーとなる。

<弁士公演>  

東海道品川宿「屋形舟ライブ」、新高輪プリンスホテル「お正月イベント」〜新春 活動大写真ライブ〜、 池袋・新文芸坐「名匠 小津安二郎」、 しながわ宿場まつり公演、オシアンズ・シネファン第9回アジア・アラブ映画祭(インド・ニューデリー)、北海道ユニバーサル上映映画祭、女優映画祭in大分(大分県別府市)
、北海道運輸局、北海道開発局主催バリアフリー推進セミナーinさっぽろ、欧州文化首都2011 (エストニア・タリン) 
、第一次米子映画事変から連続出演中、横浜みなとみらいホール 「鞍馬天狗」ピータークラシンスキーのオルガンで公演、調布映画祭出演、市川子ども文化ステーションで三年連続公演中。

<TV出演>
・NHK「BSプレマップ 新作海外ドラマシリーズ」 番組紹介とナレーション担当
・TV朝日 「銭形金太郎」優勝

<MC>
・企画のたまご屋さん・天才工場主催「てんたまパーティー」(出版関係者約400名が集まるニューイヤーパーティ)
・アサヒビール関係者懇談会
・ヒューマンヘルスケアシステム高専賃セミナー


「シーサイドアベニュー」企画・制作・提供

音風景作家 サウンド空間デザイナー 庵谷文博(イタニフミヒロ)

1987年、TOTO「聖なる剣」でグラミー賞を受賞したレコーディングエンジニアであるグレッグ・ラダニー氏のセミナーを受講し、音響の世界に入る。1989年、元プロサウンド誌編集長の森田隆文氏の主催する英国アビーロードスタジオ(ビートルズで有名)、リアルワールド(音楽業界に革新的な発想を与えたピーター・ガブリエルのスタジオ)などのレコーディングとPAの視察研修を終え、同氏の開発したDCS(THXの仕組みをさらにデジタル制御できる)に参加。1991年、音楽制作事務所を設立。CMソング、MAなどを制作とイベントの音響を営む。

1995年、映像付きインカムシステムの発明(1996)などマルチメディアの通信開発に携わる。

1997年、故郷の町長から相談を受け、ベッセルおおち大ホールにDCSを導入。その施設が世界最高峰であることからルーカスフィルムのアカデミー音響編集賞、録音賞受賞者が来日。若い人へ向けて「サマースクール」と題し映画の作り方セミナーを1997年〜1999年までの夏に開催し、そのスタッフとしてオペレーションを担当。

2016年、鎌倉に拠点を置き、アンビソニックスの録音などオンリーワンの音場を制作。

2018年2月には、草月会館にて音のインスタレーションを行い、音楽業界の重鎮から評価を得る。2018年4月より鎌倉FMにて番組「シーサイドアベニュー」をオンエアしている。

【音響】
高橋孝 ・森 正明・長間たかを・木乃下真市・踊正太郎・喜納啓子・ささきいさお・森圭一郎・庄野真代・D-51・日浦孝則・東原力哉・都筑章浩SON四朗・KANA・ソノダバンド・石川早苗・ワイキス・西慎嗣 ・LOVE NOTES・上松美香・Kiichi・加藤登紀子・総務省:ICT未来フェスタinかがわ4会場ライブ中継・サンポート〜NYライブ2006 他。

【音風景】 湘南の音日記 日本の音風景 Sounds of Nature Shikoku Island Japan
【ライブレコーディング】 収録 DEEN (2017)
【社会貢献】NPO法人SONAEーNET主宰副理事 2007年内閣府、目を見張る団体として掲載され、全国の地自治体で防災と防犯対策を企画、制作、指導。「How to SASUMATA」DVD企画、制作、監修。

【連絡先】 info@seaside-avenue.net




(C)2018 Seaside Avenue allright reserved