info@seaside-avenue.net
 








スマートフォンで画像と音声を見るためには

Puffinアプリが必要です。
リニューアル中

「食」と「宿」と「土産」
沖の島 渡し舟】→Click

小柳ルミ子の大ヒット曲「瀬戸の花嫁」を思い浮かべるような舟を渡って嫁いで行く姿があった沖ノ島。

約100mの距離を渡し舟が往復しています。所要時間は約2分。素朴な漁港と生活感が残る場所です。
 

【二十四の瞳映画村】→Click

小説家である壺井栄の故郷、小豆島田浦にある映画村 。1954年に公開された木下惠介監督・脚本は、名作として未だに語り継がれ、驚くことに、2018年に鎌倉で上映されていました。この映画のエキストラに出演した地元の人曰く、昔と変わらない景色が見える丘があると懐かしそうな目で話してくれました。

 
【寒霞渓と動物たち】→Click

霞渓の紅葉は、毎年違った顔をみせます。音も同じように違うんですよ。

”寒霞渓と動物たち”は2010年のものですが、この時はロープウエイの下にある登山道に猿の家族が降りて来ていました。

小さな湧水のせせらぎは、雨が降って2・3日した頃、やさしい音色がします。森林浴と共に耳を澄ませば癒さされる音がこえます。
 

【エンジェルロード】→Click

潮の満ち引きで島と島を結ぶ道が現れます。エンジェルロードとネーミングされてから恋人たちの聖地として人気を集めています。

そのエンジェルロードが望める露天風呂。

 
【中山千枚田】

日本の棚田百選にも選ばれた大小の田んぼがあります。映画「八日目の蝉」の舞台ともなった虫送りの行事もココ。

この行事になかなか行くことができなかった訳ですが、ホタルのシーズンにのどかな川のせせらぎと遠くで響く親子の団欒がいい感じです。
 
【佛谷山】


急な坂を登る小豆島霊場第四十一番から沖の鼻が望める。

小豆島八十八箇所の寺と寺の道中は険しいところもありますが、原風景が残ると人気です。
 
【小豆島ふるさと村近く】

県道436号線からふるさと村へ降りていく坂から見える夕暮れ時。

地方ならではの貸切状態。周りの人を気にせずに、ゆっくり自然と戯れます。
 
【神浦甲】

皇子神社社叢が望める小さな港。丁度この頃、瀬戸内国際芸術祭があり、海辺に隣接した民家の中に作品を展示していました。


波止場を歩いているとフワフワとイカ泳いでいて時間が止まった感バツグン。素朴な夏の音が聴こえて来ました。
 
 
【オリーブしまちゃん】

四国・香川県 小豆島から誕生したキャラクター オリーブしまちゃんです。

特産品であるオリーブをモチーフに島内・外にて活躍中です!

応援よろしくお願いします!

所属:(株)パオフィール
 
【花寿波島(はなすわじま)】

三都半島東側に位置するこの島の途中が島らしい雰囲気を醸し出しています。

とくにこれという訳でないのですが、盆栽のように見えるのも気のせいかも?
 
【オリーブの森】

ヘルシービーチへと向かう途中、海岸にヤシの木が並ぶ農園があります。

2015年秋に感謝祭があり、アカルプロジェクトin小豆島の葦舟(アシブネ)が展示されていました。
 
【屋島をのぞむ】

戸形岬から県道254号線を東に向かうと亀神社があります。その浜辺から屋島が見えます。

ここにバス停があるのですが、雨の日にいい感じの響きをしていました。
 
【福田港】


映画「八日目の蝉」のラストシーン福田港。

独りそのシーンを思い浮かべながら、ただ船を眺めていたと知り合いの方が話してくれました。
 
【大阪城残石記念公園】

物思いにふける秋。記念公園から少し歩いてみると釣りをする人がいた。

よく見るとこの灯台の作りが珍しい。ボーっと海を眺めるのにいい場所。
 
【採掘場】


吉田展望台から県道26号線を西へと向かうと採掘場があります。

工事現場の音とモノクロが似合う空間。
 
 
【小豆島周辺アクセス(香川県)】

**船*****
高松〜小豆島土庄
高松〜小豆島土庄(高速艇)
高松〜小豆島池田
高松〜小豆島草壁
高松〜豊島
小豆島〜豊島〜宇野

【バス】
小豆島路線バス

【小豆島情報】
Eedee!お得なクーポン

【もしもの時 情報】
休日当番医案内
病院
薬局
 
寒霞渓

日本で唯一、『空・海・渓谷』を一度に眺望できる島のロープウェイです。車窓からは自生する植物が春の新緑・夏の碧・秋の紅葉・冬景色と四季折々に変化をし、またそそり立つ奇岩を間近に深い渓谷を通る光景はまさに絶景!
 


 
【安心して旅が楽しめるように】

**防災***
◆災害伝言
□ docomolink
□ aulink
□ softbanklink

**緊急***
耳や言葉が不自由な方110番

◆海上保安庁 ダイヤル「118」

心配蘇生方法 日本医師会

 





(C)2018 Seaside Avenue allright reserved